閉じる

開く

お店の研究資料はこちら

会社の同僚との飲みなら!六本木で普段使いができる地鶏がおいしい店「阿波尾鶏」へ

「疲れたー、暑いし今日ちょっと飲んでいかねー?」「いいね、ビール飲みたい!」

こんな風に会社帰りに、同じチームの同僚と飲むことありませんか?

 

仕事の話なんかもしたいし、あんまりうるさい居酒屋や若者が多くて落ち着かない店は嫌だなーという方は必見。ちょっとした接待にも便利な六本木の居酒屋「阿波尾鶏」をご紹介します。

 

 

アクセスは、六本木駅すぐ!

六本木駅ミッドタウン方面の出口から出て、信号渡ってすぐ目の前の六本木アーバンビルの地下1階。徒歩1

 

落ち着いた佇まいの居酒屋。期待が膨らみます。

 

駅近くにこんな居酒屋があるなんて知りませんでした。地下でも看板が出てるから分かりやすいです。メニューも外にあるから、大体どんなものが食べられるかや価格帯も分かるのは居酒屋ならではの親切さ。

 

hp_awajishima

 

落ち着いた大人な雰囲気の店内

二人なので、カウンター席に座ります。静かで会話しやすそうな雰囲気。

今回はカウンターですが、個室も用意されているので接待にも便利です。

 

 

焼酎からワイン、ウイスキー、日本酒まで、基本的に何でも揃っています。

 

 

鶏料理と合わせて何を飲もうかなと考えながら、居酒屋に来たらまず頼むのがビール!

 

 

うーん、やっぱり仕事帰りの喉にはビールがたまらない!キレ抜群の喉越しがいいです。

 

 

 

続いてこちらがお通し。野菜を巻いた阿波尾鶏のローストや、冷やしなす、梅水晶など、きちんと手をかけた品が出てきます。ちょっとした接待にもぴったりなお通し。これは料理の方も期待大!

 

 

阿波尾鶏とは「徳島県で80日以上の養鶏期間がもうけられた地鶏」のこと。55日程度の通常のブロイラーと比較すると、丹念に育てられていることが分かります。

 

tel

 

まず、さっぱりいただけそうなお店のおすすめメニュー 阿波尾鶏のたたき葱まみれ を注文。

他の居酒屋とは一線を画す「阿波尾鶏」

 

徳島から空輸した新鮮な阿波尾鶏のモモ肉とムネ肉を、表面だけさっと炙り焼きにしたもの。たっぷり盛られた刻みネギと合わせてポン酢でいただきます。

 

シャキシャキしたネギと柔らかい鶏肉の食感がたまらない!

さっぱりしていて、最初の一品にぴったりです。

 

ディナーの一杯はのどごし爽やか。たまりません。

 

ここでビールを追加オーダーすることに。うまい料理に、酒も進みます。

 

 

2品目に注文したのは、そろそろ焼き物が食べたいってことで 炭火ころがし焼き

 

 

阿波尾鶏を鉄板で半生状態になるまで焼いた後、炭火で燻して香りをつけています。炭火の香ばしい香りと、キャベツのシャキシャキ感に箸が止まりません。

 

生七味と柚子胡椒が添えて提供されるので、合わせて食べるとそれがアクセントになります。

 

hp_awajishima

 

ここで箸休めとして、常連客から人気だという 自慢の鶏だしそぼろ入り卵焼き もオーダー。

 

居酒屋の定番「だし巻き卵」。今回も注文です

 

ふんわりした卵の生地には、贅沢に阿波尾鶏で取ったという鶏ダシの旨みがたっぷり。大根おろしと合わせさっぱり食べられます。

 

うまい料理に話も盛り上がり、いつのまにか酒も進む!ビールはこのぐらいにして、鶏料理に合わせる人が多いという、芋焼酎 富乃宝山 を水割りで注文。

 

 

華やかな香りとさっぱりとした飲みやすい口当たりなので、こってりとした料理によく合いますね。焼酎はボトルが入れるようで、バーカウンターの片隅には常連客のボトルが多く並んでいました。

 

 

そろそろ、メニューで見て最初から気になっていたあの料理を注文しなくては…。

その名にふさわしい、 阿波尾鶏の豪快焼き。特大半身焼きなので、阿波尾鶏の旨味を味わい尽くせるはずです!!

(焼き上がりには1時間かかるそうなので、時間を調整してオーダーした方がいいです)

 

ディナーのメイン料理にふさわしい「豪快焼き」

 

実際に品が出てきて、そのボリュームに驚きました。さすが豪快焼き!豪快な鶏半身焼きが載っています。

 

阿波尾鶏の半身を塩コショウのみで味付けし、オーブンで裏30分、表26分とじっくり焼き上げた逸品だそう。

 

 

カットは店員さんがやってくれます。カットすると、ますますボリュームが増したように…。付け合わせのアンチョビソースまたは岩塩でいただきます。

 

うーむ、カリッと焼き上げられた鶏皮に、ふっくらジューシーな味わいの鶏肉がたまらない!じっくり時間をかけて焼き上げた丁寧な仕事ぶりが伝わります。

 

tel

 

豪快焼きが来たところで我々も思わずテンションが上がり、飲み物も追加!さっぱりいただけそうなハイボールと緑茶ハイで豪快焼きに乾杯です。

 

 

最後は〆で何かということで、 生親子丼 をチョイス。

 

ごはんの上にたっぷり敷かれた水菜と香味野菜の上に、湯引きしてさっぱり仕上げたササミ肉と卵黄が。レアめで柔らかい食感のササミ肉とシャキシャキした野菜の食感、甘めの醤油味が後を引く味わいです。

 

程よくボリュームもあるので、男二人で〆にシェアしてちょうど良い塩梅でした。

 

 

美味しい地鶏料理で同僚との会話も弾み、大満足。リピートしたい居酒屋に!

仕事帰りにふらっと寄れる居酒屋「阿波尾鶏」。

六本木という立地ながら静かで落ち着いて飲める店内の大人の雰囲気。ふっくらと柔らかく、味わい深い阿波尾鶏を食べ尽くせる料理のラインナップに大満足でした!

 

六本木駅の周辺で居酒屋選びに困ったときに、ぜひ一度訪れてみて欲しい居酒屋です。

 

※この記事は広告です。
阿波尾鶏様ご協力ありがとうございました。

 

tel

 

hp_awajishima

 

【店舗情報】
  • 目的シーン:デート、ディナー、友人・知人・同僚、接待・上司、部下・後輩
  • 駅からのアクセス:六本木駅から182m
  • 金額:¥4,000〜¥4,999
  • 時間:【月~金】11:00~15:00【月~金・祝前】17:00~翌5:00【土・日・祝】11:00~24:00
  • 定休日:無休
  • TEL:050-7542-3383
  • 住所:東京都港区六本木7-13-2 アーバンビルB1